« 居場所があるということ | トップページ | 目的は何か? »

2010年8月21日 (土)

ストレスフリーって

ストレスというのは、もともとは、工学、物理学で、物体に力が加わった時に生じる「ひずみ」でした。

これを医学の領域で、カナダのハンス・セリエ博士が、外部から力や刺激が加わり、「ゆがみ」をそのままにしておくと、ストレスによる症状がおきると説明しました。

この「ゆがみ」感をストレスとすると、感情ストレスとは得たい気分が得られない状態といえる。

なんでわかってくれない!(わかってもらえた、受け入れられたという感じがほしい)

ストレスには、いいストレス悪いストレスがある。

いいストレスというのは、解決しようというモチベーションになり行動につながる。

悪いストレスというのは、解決への意欲が持てず(解決できないという感じ)→効果的行動ができない→またストレス→・・・繰り返すうちに身体にも影響・・・時には負のスパイラル

では、いいストレス悪いストレスは存在するか?

例:

なんでわかってくれない!(ストレス) 

     ↓Happy Road              ↓Unhappy Road

選択A:                   選択B

どうしたらわかってもらえる?       どうせ聞いてくれない

わかってもらえるように話そう       話してもムダ

わかってもらえるまで話そう        もう2度と言わない・・・

そう、どちらでも選べぶことができるのです!

ストレスフリーとは、あれ?!UNHAPPY ROADだ、と早く気づき、HAPPY ROADを考えてみる、そして選ぶことではないでしょか。

|

« 居場所があるということ | トップページ | 目的は何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレスフリーって:

« 居場所があるということ | トップページ | 目的は何か? »