« 目的は何?会議を活性化したい | トップページ | モチベーションって高めるものではなくって、 »

2010年10月27日 (水)

感情をコントロールするヒント

最近、とても喜んでいただく話です。

選択理論心理学に触れた参加者さんの中には、「怒ってはいけない」という理解になり、「怒りをガマンしなきゃ」という流れになったりすることがあります。

私は「怒ってはいけない」というふうに言っているわけではないのですが・・・。また「ガマン」すると体のどこかに緊張をつくり、よくありません。

ただ、「怒り」に主導権を渡して行動するとどうなるか?たいていロクなことはありません。

大体怒りにまかせて行動して、満足できる結果と気分のいい人間関係、両方が手に入ったことがありません。さらに、言い過ぎたんじゃ?とか、後味悪い後悔まで生みます。

落ち着いて考えてみれば、たいていの人は思い当たるのではないでしょうか。「怒り」に主導権を渡して行動すると効果的なことにはならないよね。

時々私は、、怒りをブチまけたらスッキリしますよ、とおっしゃる方がいらっしゃいます。が、相手はどうでしょう?で、相手との関係で得たものは何でしょうか?

怒っているとき、心は何を望んでいるのでしょう?

相手に「わかってもらいたい、受け入れてもらいたい」という気持ちが含まれていませんか?でも、うまく受け入れられる感じがしない、あるいはどこかで受け入れられないことを恐れている。

少なからずありませんか?

ストレス解放技法では、怒りの根底には恐れや分離感(受け入れられない恐怖)があるといっています。

怒りはある種のストレス下です。ストレスは、見えるものが見えなかったり、聞こえるものが聞こえない、考えられなくなります。

その状態で、自分の得たい状態を得るために効果的な行動ができそうでしょうか?

怒りをガマンしようとしてもそう簡単には感情をおさえられません。蓋をしようとすると暴れるみたいな感じでしょうか?

感情は受け取られると、安心します。

私は、時々感情「を」話すようにしています。

「少し驚いて、腹立ちを感じました。なぜなら、こういう約束なのに、このような状態にがっかりしたんだと思います」

感情抜きに淡々と、率直に誠実に、ただ伝えます。(責めたり、何かを求める意図を持たない)相手に「そうだったんだぁ」と受けとめてもらえるように伝える必要があるのです。

2つのメリットがあります。話しながら、自分が感じていたことが整理でき落ち着きます。多くの場合は、相手はちゃんと聞いてくれます。ちゃんと聞いてもらえるだけで、さらに随分と落ち着きます。そして大抵、相手も率直に話してくれることが多いのです。

感情「で」伝えるのではなく、感情「を」伝えるのです。

怒り「で」伝えるのではなく、怒った気持ち「を」伝えるのです。

とはいえ、「その淡々と話すことができないのです」と言われます。確かに!そんな時はとりあえず、時間を味方にしましょう。その場を離れてみるという手もあります。

「ごめん、ちょっと待って、トイレ!」これが一番角が立たないみたいです。そしてトイレで鏡を見てたら、落ち着いてきます。相手にも落ち着く時間を提供できるでしょう。

あとは、強い怒りでないときに試してみることです。意外にいい感じ♪、という実感をしてみてください。いい実感があると、より選びやすくなりますよね。

習慣なので、根気よく意識してみるといいかなと思います。

|

« 目的は何?会議を活性化したい | トップページ | モチベーションって高めるものではなくって、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情をコントロールするヒント:

« 目的は何?会議を活性化したい | トップページ | モチベーションって高めるものではなくって、 »