« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月13日 (土)

モチベーションって高めるものではなくって、

自分のエンジンっていうか、動機、源に気づいて、動きにつながるまで探究したり、整理したりすることではないでしょうか。

その想いの重なるところが組織の理念だったり、ビジョンだったり。

一時期「モチベーション」というキーワードがはやりましたが、きっと「もっとやる気をもってよ」という想いが背景にあったのかな?

求めているのは何?ただ単にやる気になってもらいたいわけではない。

そういえば以前、あるコーチングを受けた人の上司が、「コーチングを受けてやる気になったのはいいが、おかしなことばかりする。何もしないほうがマシ」なんて笑えない愚痴を聞いたことがある^^;

目的は成果につながるように、効果的な行動を活発にしてほしいということかな?

高いモチベーションの結果、高いレベルの成果をあげる組織づくりを、私は「モチベーション・ブランディング」といっています。

ここでいうブランドというのは、その企業が提供する価値のことで、どのようなお客様にどのような質の商品やサービスを提供して、どのように喜んでもらうのかということです。

従業員一人ひとりが、心から、そのブランド=価値を提供したい、こんなふうにお客様に喜んでもらいたいと、仕事のモチベーションになっている。

 つまり、従業員一人ひとりの、この仕事を通して、「こんなふうにお客様に喜んでもらいたい」、「こんなふうに世の中に貢献したい」という想いの結晶がその企業のブランド(提供される価値)になり、その想いに触れたお客様が、その企業や商品のファンになってくださる、ブランディングされるということです。

 そのモチベーションを具現化するために、いかにその価値をお客様に知ってもらうか、想いを受け取ってもらうのか、いかに多くお客様の喜びの感謝をつくり出すのか、これがマーケティングとなり、お客様の感謝の量が利益となります。

 このモチベーション・ブランディングを導入した組織では、導入2~6ヶ月以内に、クレームの激減や不良率低下等、業績につながる何らかの数字が20~80%、売上が2倍、3倍になったという例も報告されています。

人が使命感に燃え、自らの能力を発揮することの素晴らしさを目の当たりにして、いつもいつも感動します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »