« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

無気力・無関心・無責任な部下を何とかしたい

 「無気力・無関心・無責任な部下B君をどうコーチングしたらいいか?」というA部長にどうこたえたらいいか。という若手コーチCさんからの相談。

私は、当事者でない誰かを変えたいという相談に、そう簡単にこたえられないのではないかと思っています。

【仮説】

 A部長は、BさんのことをA部長の基準で決めつけて見ている感じがするが、普段はどのような関わり方をされているのだろう?

A部長がBさんにどんなことを求めているのか、Bさんはよく理解しているのだろうか?

 Bさんはこの仕事についてどうなりたいのか、A部長は理解しているのだろうか?

 Bさんは本当にやる気がないのだろうか?やる気の問題ではなく、わからないとか、うまくできないだけということはないのだろうか?

BさんはA部長のことを、仕事を通してなりたい自分になるための支援者として感じているだろうか?

【アイデア】

下の2点をテーマにコーチングをすすめる。

  ・部下であるBさんとの関わりに対する気づき

  ・Bさんとの感じ方、物事の捉え方等の違いに対する気づき

 じゃあ、具体的にどんなコーチングをするかということで準備を手伝うことにする。このアイデアラッシュはとても役に立ちます。

質問のアイデアラッシュをしてみよう。

 色々な角度から、今の自分の見方や考え方に気づいたり、自然に自己評価が生まれる質問のアイデアを、とりあえずいっぱい出してみる。あまり考えないで、とりあえず出してみるのがコツです。

そして、白紙になってコーチングに入ります。白紙になる、これもコツ!

そうすれば、A部長はおのずと何かが見えるはず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »