« 部下を本気にさせたい | トップページ | 危機感を持ってほしい(つづき) »

2011年8月 4日 (木)

若手に危機感を持ってほしい

うちの若手には危機感がない。
もっと危機感を持って取り組んでほしいというご相談が最近続く。
お気持ちはよ~くわかるのだが、実際に彼らにとって危機が身近じゃないのに、危機を感じるというのは難しそうだ。

タイタニック号で、大きな岩を把握した船長と、その時船内で楽しくダンスをしている人々との危機感の違いは?
ダンスをしている人々に危機感を持てと言っても無理な話。

先日、土木現場に行っていたダーリンが「熱中症になったがもう大丈夫」と帰宅。夕食後も何度かコムラ返りが起きるが、「大丈夫、大丈夫」。
不安になった私がネットで調べてみると、かなり心配な状態が疑われる。しぶる夫を強引に病院へ。
医師の一言「甘く見たら死にますよ」コワッ!--;
かくして1週間のドクターストップ。

危機感には、状況を把握できること、危機を判断できる知識と経験が必要なようだ。
さて、若手にそれだけの情報の提供と経験があるか?

若手の「危機感」取り組めることはありそうだ.。

|

« 部下を本気にさせたい | トップページ | 危機感を持ってほしい(つづき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若手に危機感を持ってほしい:

« 部下を本気にさせたい | トップページ | 危機感を持ってほしい(つづき) »