« もう少し考えてほしい | トップページ | リーダーは正しいことをする »

2012年2月 5日 (日)

目的思考に組織変革

 最近は、中小・中堅企業様の組織強化、組織変革のご相談をいただきます。

 さらなる発展、目指すべき組織に向けて組織構築をしていこう、環境変化に対応しなければ、新規事業を生み出そう、新しいスタイルをつくっていこう、そんな時期にご相談をいただきます。

 組織変革の障害は、内部にいると気づきにくいのだけれど、第三者の目で見ると見えてくることがあります。

 それは、新しいことに取り組もうとしながら、ベースにあるもの-組織の仕組みから風土、つまり行動の基準や思考、発想が既存のままということです。

 多くの組織変革は、発想習慣のおきかえといえるかもしれないなあ、と最近思います。
「できることは何か?」発想から「どうしたらできるか?」発想。

 この似て非なる発想の違い。
前者は、初めは目的から始まるのだけど、往々にして目的と違うことを話し始めるのです。
後者は、常に目指すべきビジョン、一つ一つの目的から目を離しません。

観察していると、
「できることは何か?」と発想すると、どうも脳の中にある「できること」データベースを探しにいくのではないかと思えるのです。
「どうしたらできるか?」と発想するほうが創造的になるようです。

 「できることは何か?」発想では、新しいことをするのに、今までの仕組みにはめようとして、対応できないところを理由にできないと言ってみたり、切り捨てたり。「今までの経験からそれはできない」と言ってみたり。今できることから積み上げて考えて、本来目指すべき目標とはかい離していくとか。

 今まで経験していないものをつくっていくのですから、今までと違う発想で考えてみましょう、と声をかけると、たいてい「そうれはそうですが、現実問題として・・・」というリアクションを受けることが多いのです。

 昨対比○%アップという発想は、大抵既存の延長線上の発想の特徴といえるかもしれません。そんな時、コーチとしては3倍にする方法を考えてみませんか?と少し寄り道を提案したりすると、大抵あきれ顔が返ってくるわけですが。

 新しいことを考えるのに、既存の○%アップなら今の延長線、努力で解決しようとしそうでしょ。3倍なら既存の枠じゃ結構無理、発想の転換で妙案出るかもよ。それに3倍なら、すぐに答えが出ないとしても仕方なくない?

 それもそうかと、楽しくかつ真剣な話し合いで、意外と核心をついた問題発見があったりするのですよね。
 話し合いは、「3倍にするにはどうしたらできるか?」目的から目を離さないことです。
 「とはいってもね~・・・・」と話はズレ始めます。「話し合いの目的は?その話は、目的を得るためにどんなふうに役立ちますか?」
 常に目的から目を離さない、ブレたら目的を確認する。

|

« もう少し考えてほしい | トップページ | リーダーは正しいことをする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目的思考に組織変革:

« もう少し考えてほしい | トップページ | リーダーは正しいことをする »