« 目的思考に組織変革 | トップページ | リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 »

2012年6月13日 (水)

リーダーは正しいことをする

知り合いの講師が、
「リーダーは、正しいことを指示し、メンバーは、それを正しく実行する」
と教えてくれました。なるほど!

人と意見がぶつかっているとき、「私が正しい、君が間違っている」という視点
になりがちです。

感情ストレスマネジメントの権威、松田惠美子さんは「「正しい・間違っている」
で判断しようとするから、感じることを忘れる」とよく言われた。

「こういうことが正しい、こういうことは間違っている」という体験的データベー
スのようなものを持っていて、瞬間的にそれに照らして判断していることが多い。

以前テレビで見た「1+1=2は正しいか?」、必ずしも正しいとは限らない、
という話は私にとってインパクトがありました。
いくつかの事例をあげていましたが、難しいことは忘れれてしまった・・・。ひと
つだけ、コンピューターの世界は0か1なので、1+1=0になるというのだけ
覚えているのですが。

何が正しいかわからへんなあ、色々な環境や条件、目的で正しいことは変わるの
だ、柔軟に「本当に正しいこと」を見分ける力をつけないといけないなあ、と思っ
たのでした。

「正しい」というのは何でしょうか?
正しいかどうかと決することよりも、
それは、みんなHappyで、真に私が得たいもの、求めることに効果的か?と考え
てみよう。

|

« 目的思考に組織変革 | トップページ | リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーは正しいことをする:

« 目的思考に組織変革 | トップページ | リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 »