« リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 | トップページ | 怒りの感情をコントロール »

2012年10月13日 (土)

感情のコントロール

私は、組織変革のプロジェクトを進める中で、経営陣コーチングの他、管理職、
営業の研修を主に担当させていただきます。

その中で、よく「感情のコントロール」が話題になります。管理職なら「イライ
ラや怒り」、営業なら「モチベーションダウン」が話題になります。

私自身、かつては超短気。短気な人を瞬間湯沸かし器と比喩しますが、私の場合
はボタン押さなくても、常に湯気が出てると笑われるほど(笑えません-ヘ-!)

そんな私が、久しぶりにお会いした方から「丸くなった、丸くなった」と言って
いただきます。

経営、マネジメントしていく中で、本当にたくさんの失敗と挫折を経験して、あ
れやこれやと、工夫をするのですが、本当に感情のコントロールは難しいです。
私は本当に劣等性で、わかっていてもついつい・・・。そしていつも反省、かの村
崎次郎君状態、それでも必ず取り組む甲斐はあります。

間違いなく言えるのは、「気分よく生きよう」と決めた時から「景色が変わる」
ということです。

つづく

|

« リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 | トップページ | 怒りの感情をコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情のコントロール:

« リーダーの「情と理」は「絆と仕組み」 | トップページ | 怒りの感情をコントロール »