« 会議を変えれば成果が変わる-会議ファシリテーションの現場から | トップページ | 朝礼を受け入れてくれない »

2013年12月 3日 (火)

人は幸せになる義務がある

[人は幸せになる義務があるなぜなら、不幸な人は他人を不幸にする」

師と尊敬する選択理論心理学の故柿谷寿美江先生のお言葉です。

「幸せになる権利」は聞いたことがありましたが、「幸せになる義務」とは初めて聞きました。結構インパクトがありました。「義務」ってちょっと堅苦しい感じですが、「幸せの義務」っていうのはなんだかいいなぁ~。

まず自分が幸せになることを考えよう。(もちろん利他の心のない「自分だけが幸せ」は自分の幸せではありません)みんなが自分の幸せに責任をもてば、世界が幸せになるはず。

今夜は京都サンガの納会に参加しました。

「昨日、対戦相手の負傷選手に罵声を浴びせたサポーターがいたことは悲しい」というメッセージがありました。(もちろん納会の参加にはそんな人はいません)

満たされない人は周囲の人を傷つけたり不幸にします。
いつも自分が幸せでいる努力をしないと、人に刃を向けてしまうかもしれません。
過去は変えられないというけれど、今を幸せにしたら、辛い過去も見方が変わります。

幸せは、なるものではなくて、いつでも幸せを選べるものではないだろうか。

|

« 会議を変えれば成果が変わる-会議ファシリテーションの現場から | トップページ | 朝礼を受け入れてくれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は幸せになる義務がある:

« 会議を変えれば成果が変わる-会議ファシリテーションの現場から | トップページ | 朝礼を受け入れてくれない »