« 人は幸せになる義務がある | トップページ | コーチング:どうせやっても無駄という部下に »

2014年6月15日 (日)

朝礼を受け入れてくれない

_____________________________________

メルマガ人と組織を幸せに-「理念と数字は対立しない」6月17日(月)正午配信予定

http://www.mag2.com/m/0000072907.html

-------------------------------------

先日、朝礼フェスティバルなるものに行ってきました。

6社の会社が舞台の上で、日ごろの朝礼を披露するというものでした。
「朝礼で業績が上がる」ということを普及しようという想いがあるようです。

舞台では、どこも規律正しく、元気がいいという共通項がありました。 
そしてインタビューのコメントの共通項は、一体感が増したということでした。

その中で、ある社長、「朝礼をしたいと言って、非常な抵抗を受けたA君です。朝礼をするなら会社を辞めるとまで言いました」と紹介されました。
そのA君が業務多忙な中、わざわざ会場に足を運び舞台の上で朝礼を披露しているのです。

辞めるとまで言ったA君の今の心境は?
「正直、今もやらされ感がなくはないですが・・・でもそれで社長がニコニコしてくれるなら、それもいいかな、と思うようになりました」と。

社長との間でどんなコミュニケーションが積み重ねられたのか?根気よく関わられた社長の姿が目に浮かびます。

信頼感がない関係で、A君のこのような言葉は出てこないからです。

さて、別のO社長からの相談。朝礼を実施して業績を上げたいが、一部の人から強い抵抗にあっている。朝礼のメリットや気持ちいいことを一生懸命伝えている。根気よく言うしかないのか・・・。

私:言い続けてどんな成果がありましたか?

社長:うんざりした顔をされてる・・・

私:このまま言い続ければ効果はありそうですか?

社長:うーん、でも言い続けるしかないやろう・・・

私:その社員との人間関係はよくなりそうですか?

社長:余りよくはならないな・・・

私:少なくとも言われている瞬間は、うんざりなんですよね。
  つまりもう耳を傾けたくない気持ちかも。

  提案です。 もう言うのはやめましょう!

社長:言わんかったら、朝礼してくれるというのか?!

私:替わりに耳を傾けてみてはどうですか?

ということで、具体的な会話のロールプレイをして別れましたが、取り組まれた結果を聞いて、次のステップに進まれることを楽しみにしています^^
社長が浸透させたいと思っていること、わからせようわからせようと関わると、時として受けては「押しつけ」と感じることも。

だれでも、人の考えは押し付けられたくはないものですよね。

|

« 人は幸せになる義務がある | トップページ | コーチング:どうせやっても無駄という部下に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563756/59820777

この記事へのトラックバック一覧です: 朝礼を受け入れてくれない:

« 人は幸せになる義務がある | トップページ | コーチング:どうせやっても無駄という部下に »